CLOSE

Casestudy

導入事例

トップ導入事例 AW3Dとヘリコプター調査での災害前後の正確な比較による、被害全容と、被災地や周辺地域の二次災害の危険性の把握

【防災】スリランカ|AW3D標準版地形データ

AW3Dとヘリコプター調査での災害前後の正確な比較による、被害全容と、被災地や周辺地域の二次災害の危険性の把握

国際協力機構(JICA)

スリランカでは2014年に発生した大規模な土砂災害により、記録上で最悪の被害を受けました。被害の深刻さを踏まえ、国際協力機構(JICA)はカウンターパートの能力強化も含めて調査を実施しました。
まず必要になったのが被害全容と、被災地や周辺地域の二次災害の危険性の把握です。そこで、国際協力機構(JICA)はAW3D標準版を用いた詳細に把握した災害前の地形と、ヘリコプターから調査した災害後の地形を比較して、被害全容と二次災害の危険性を評価しました。

災害前後の前後の地形比較

災害前後の前後の地形比較

被害全容の把握

被害全容の把握

災害前のAW3D地形データと災害後のヘリコプター写真で調査し導き出したコスランダ地滑りの断層 災害前のAW3D地形データと災害後のヘリコプター写真で調査し導き出したコスランダ地滑りの断層

協力/資料提供/出典
引用)2014.11.25 JICA 土砂災害対策強化プロジェクト コスランダ地すべり調査報告(第2報)

一覧へ戻る