CLOSE

FAQ

よくあるご質問

トップ よくあるご質問

サンプルについて

製品サンプルにはどんな種類がありますか?

解像度や製品、エリア特性など様々なタイプのサンプルデータをご用意しています。
サンプルデータをご希望の方は、サンプルリクエストページより申請書をご記入の上問い合わせ窓口までお送りください。
Sample request

サンプルフォーマットを教えてください。

製品サンプルはGeoTIFFでのご提供となります。
ご購入された製品の納品時には、GeoTIFFの他、多様なファイル形式に対応しておりますので各製品詳細ページでご確認ください。
Products

推奨ソフトについて

推奨ソフトを教えてください。

ArcGIS、AutoCAD、MapInfo等の主要なGISソフトでご利用いただけます。

ご注文について

注文面積に指定はありますか?

製品に応じて異なります。詳しくは各製品詳細ページをご参照ください。
Products

希望エリアをどのように伝えればいいですか?

shp・kml等の位置情報ファイル(AOI)でのご提供をお願いしています。
難しい場合、ご希望エリアがわかる資料などを送付ください。

希望エリアの形について制限はありますか?

ドーナツ型、マルチパート形状はお受けできません。詳細はお問い合わせください。
Contact

データのない欠損領域はどのようになりますか?

SRTM(スペースシャトル地形データ)にて無償で補完させていただきます。
その他の弊社製品での補完も可能です。その場合、別途料金が発生いたします。詳細はお問い合わせください。
Contact

価格の考え方を教えてください。

製品単価×ご希望面積(最小購入面積に満たない場合、最小購入面積)となります。
各種オプションをご希望の場合別途加算させていただきます。
Products

注文方法を教えてください。

弊社よりご注文書フォーマットを送付いたしますので、ご記入のうえご返送ください。注文書の受領をもってご発注となります。詳しくはコンタクトページよりご注文の流れをご参照ください。
Contact

納品について

納期はどのくらいかかりますか?

標準納期は以下のとおりです。ご注文面積等に応じて案件ごとに異なります。
・AW3D 標準版地形データ レベル1 1週間~
・AW3D 標準版地形データ レベル2 2週間~
・AW3D 標準版地形データ レベル3 3週間~
・AW3D 高精細版地形データ 3週間~
・AW3D オルソ画像 2週間~

納品方法について教えてください。

FTPサイトを通じた納品、又はDVD発送も承っております。

納品時のファイル形式を教えてください。

GeoTIFFの他、CSV、DXF(R2000、R2010)、VRML、STL、DWG など、ご希望に応じた形式で納品いたします。ご注文時にご希望の納品形式をお知らせください。
AW3D ビルディング3Dデータは、ShpもしくはTab形式での納品となります。

支払について

支払い方法について教えてください。

納品時にお送りする検査結果通知書にご記入ご返送いただきましたら、ご請求書を送付いたします。ご請求書到着後翌々月末日までに弊社指定口座へお振込みください。原則として日本円でのお支払いとなります。

その他

FAQにない問い合わせはどうすればよいですか。

お問合せ窓口へご連絡ください。
Contact

製品について

AW3D 標準版地形データはどんな製品で、どんな用途に適していますか?

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)が保有する陸域観測技術衛星「だいち(ALOS)」のPRISMセンサで撮影された衛星画像で作成した、5m解像度の標高データ製品です。
全世界を整備済みです。おおよそ1/25,000縮尺相当の精度です。広い範囲を確認したい方にお勧めです。
AW3D 標準版地形データ

AW3D 高精細版地形データはどんな製品で、どんな用途に適していますか?

米国DigitalGlobe社の衛星画像で作成する、0.5m~2m解像度の標高データ製品です。
ご注文ごとに製造します。高縮尺での地形把握、建物や樹木の高さ等を細かく確認されたい方にお勧めです。
AW3D 高精細版地形データ

AW3D オルソ画像はどんな製品で、どんな用途に適していますか?

AW3D 標準版地形データ/高精細版を数値標高モデルとしてオルソ補正した製品です。
30cm、40cm、50cm、2.5m解像度(縮尺精度1:2,500~1:25,000相当)のオルソ画像をご提供します。解像度・カラー/白黒・オルソ補正用DEM(通常はAW3D 標準版地形データ)・GCP補正の有無をご選択いただきます。
AW3D オルソ画像

AW3D ビルディング3Dデータはどんな製品で、どんな用途に適していますか?

衛星画像から取得した建物高さを、建物形状とともにベクトル(ポリゴン)データで提供します。
建物個数のカウントや容積計算、景観や流体シミュレーション等の各種シミュレーションにご利用いただけます。
AW3D ビルディング3Dデータ

新規撮影オプションとはどのようなものですか?

お客様ご指定の地域を、衛星を使って新規撮影し、3D地形データやビルディング3Dデータを作成します。ご希望エリア・天候等によって撮影期間が変動いたします。また、特定エリアは価格が異なります。詳しくは価格表をご覧ください。
Price list

GCPとは何ですか?

衛星画像の位置補正の基準に使用するGCP(Ground Control Point:地上基準点)です。ご注文時にGCPをご提供いただくことで、より位置精度を高めることが可能です。

解像度別の見え方について教えてください。

30cm解像度は、車のボンネットやフロントガラスなど、車のパーツが識別できる精細な画像です。人の影や横断歩道の白線の数も確認できます。
0.5m解像度は、大型車・小型車など車の大まかな種別の区別ができる精度の画像となります。

AW3Dの絶対位置精度を教えてください。

人工衛星に搭載された高精度な位置姿勢計測データと厳密に構成されたセンサモデルにより、地上基準点(GCP)がなくても高精度な絶対位置精度を実現しています。
・標準版 GCPなし
 5mRMSE 7mLE90
・高精細版 GCPなし
 3mRMSE 5mLE90
・ビルディング3D
水平 2mRMSE 垂直 3mRMSE
詳しくは各製品詳細ページをご参照ください。
Products