CLOSE

Casestudy

導入事例

トップ導入事例 世界銀行による都市の空間的成長評価

【都市評価】インド、モザンビーク|AW3D高精細版

世界銀行による都市の空間的成長評価

Independent Evaluation Group (IEG) – World Bank Group

世界銀行が支援した道路整備プロジェクトが都市空間に与えた影響の分析・評価用データとしてAW3Dをご活用頂きました。

持続可能な都市の発展のためには、効率的な都市機能の実現や効果的な公共サービス提供などの観点から、都市が水平方向に広がるか、または、垂直方向に高層化するかが重要な要素となります。都市の空間的変化の評価には、対象地域における2時点以上の3Dデータが必要となります。しかし、現地調査などの従来の手法では、2時点の均質性を保証するのが容易ではなく、また、取得までに要する時間とコストが課題となっていました。
今回の評価プロジェクトにおいては、マプト(モザンビーク)及びムンバイ(インド)における2時点の高精細3Dデータ(AW3D高精細版地形データ)を数週間で提供できたことにより、世界銀行独立評価局様における都市空間変化分析が高度且つ短期間で実施することが可能となりました。分析の結果、都市の密度向上や水平方向への広がりが見られた一方で、有意な垂直方向の発展は見られない事がわかりました。
この結果は、世界銀行融資における都市空間政策を検討するうえでの、重要な客観的データとしてご活用頂きました。

Mumbai - Vertical Growth

Image: AW3D高精細版データを基にムンバイにおける都市の垂直方向の発展を分析した結果

協力/資料提供/出典
The Independent Evaluation Group (IEG)
http://ieg.worldbankgroup.org/

一覧へ戻る